Publications

Journal

  1. Masato Hidaka, Yuki Kanaya, Shogo Kawanaka, Yuki Matsuda, Yugo Nakamura, Hirohiko Suwa, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    On-site Trip Planning Support System Based on Dynamic Information on Tourism Spots,
    In: Smart Cities, 3 (2), pp. 212–231, 2020.

  2. Yohei Torigoe, Yugo Nakamura, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    Strike Activity Detection and Recognition Using Inertial Measurement Unit Towards Kendo Skill Improvement Support System
    Sensors and Materials, vol. 32, no. 2, pp. 651-673, Feb. 2020.

  3. Yugo Nakamura, Yuki Matsuda, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto:
    WaistonBelt X: A Belt-Type Wearable Device with Sensing and Intervention Toward Health Behavior Change
    Sensors, vol. 19, no. 20, Article ID 4600, pp. 1-21, Oct. 2019.

  4. Yugo Nakamura, Yutaka Arakawa, Takuya Kanehira, Masashi Fujiwara, and Keiichi Yasumoto:
    SenStick: Comprehensive Sensing Platform with an Ultra Tiny All-In-One Sensor Board for IoT Research
    Journal of Sensors, vol. 2017, Article ID 6308302, 16 pages, 2017. doi:10.1155/2017/6308302.

  5. 梅木寿人,中村優吾,藤本まなと,水本旭洋,諏訪博彦,荒川豊,安本慶一:
    混雑度の偏りを考慮した避難所決定手法
    情報処理学会論文誌,vol. 60,no. 2,pp. 608-616,2019年2月.

International Conference

  1. Rei Nakaoka, Yugo Nakamura, Yuki Matsuda,Shinya Misaki, and Keiichi Yasumoto: eat2pic: Food-tech Design as a Healthy Nudge with Smart Chopsticks and Canvas, IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2021), Demo, Mar 2021.

  2. Yugo Nakamura, Jose Paolo Talusan, Teruhiro Mizumoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Hirozumi Yamaguchi, and Keiichi Yasumoto: ProceThings: Data Processing Platform with In-situ IoT Devices for Smart Community Services, Adjunct Proceedings of the 2021 International Conference on Distributed Computing and Networking (ICDCN '21), Nara, Japan, Jan. 2021.

  3. Sopicha Stirapongsasuti, Kundjanasith Thonglek, Shinya Misaki, Bunyapon Usawalertkamol, Yugo Nakamura, and Keiichi Yasumoto, Poster Abstract: A nudge-based smart system for hand hygiene promotion in private organizations, Proceedings of the 18th Conference on Embedded Networked Sensor Systems (SenSys’20), Yokohama, Japan, 743–744, 2020.

  4. Sopicha Stirapongsasuti, Yugo Nakamura and Keiichi Yasumoto, "Privacy-Aware Sensor Data Upload Management for Securely Receiving Smart Home Services," 2020 IEEE International Conference on Smart Computing (SMARTCOMP), Bologna, Italy, 2020.

  5. Yuki Matsuda and Yugo Nakamura: Towards Automatic Waistline Measurement with A Smartwatch, 2nd International Conference on Activity and Behavior Computing (ABC ’20), pp.1-9, Aug 26-29, 2020.

  6. Hirohiko Suwa, Atsushi Otsubo, Yugo Nakamura, Masahito Noguchi: Data Collection and Index Creation for the Vacant Rental Property using IoT Sensing, 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE 2019) OS-RET, Osaka, Japan, October 15-18, 2019.

  7. Yoshinori, Umetsu; Yugo, Nakamura; Yutaka, Arakawa; Manato, Fujimoto; Hirohiko, Suwa
    EHAAS: Energy Harvesters As A Sensor for Place Recognition on Wearables,
    IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2019), pp. 1-10. 2019.

  8. Jose Paolo Talusan, Francis Tiausas, Sopicha Stirapongsasuti, Yugo Nakamura, Teruhiro Mizumoto, Keiichi Yasumoto: Evaluating Performance of In-Situ Distributed Processing on IoT Devices by Developing a Workspace Context Recognition Service, 2019 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops (PerCom Workshops), pp. 633-638, 2019.

  9. Masashi Takata, Yugo Nakamura, Yohei Torigoe, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto:
    Strikes-Thrusts Activity Recognition Using Wrist Sensor Towards Pervasive Kendo Support System,
    2019 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops (PerCom Workshops), pp. 243-248, 2019.

  10. Yugo Nakamura, Teruhiro Mizumoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Hirozumi Yamaguchi, Keiichi Yasumoto:
    In-Situ Resource Provisioning with Adaptive Scale-out for Regional IoT Services,
    The Third ACM/IEEE Symposium on Edge Computing (SEC 2018), Bellevue, USA, October 25-27, 2018.

  11. Yutaka Arakawa, Yugo Nakamura, Hirohiko Suwa, Yoshinori Umetsu, Manato Fujimoto, Keiichi Yasumoto:
    Feasibility Study Toward a Battery-free Place Recognition System Based on Solar Cells, Proceedings of the 2018 ACM International Joint Conference and 2018 International Symposium on Pervasive and Ubiquitous Computing and Wearable Computers, pp 1–4, Oct. 2018.

  12. Yugo Nakamura, Wataru Sasaki, Yoshinori Umetsu, Masashi Takata, Jose Paolo Talusan, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto: Multi-Stage Activity Inference for Locomotion and Transportation Analytics of Mobile Users, Proceedings of the 2018 ACM International Joint Conference and 2018 International Symposium on Pervasive and Ubiquitous Computing and Wearable Computers, pp 1579–1588, Oct. 2018.

  13. Masashi Takata, Yugo Nakamura, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto: Investigating the effect of sensor position for training type recognition in a body weight training support system, Proceedings of the 2018 ACM International Joint Conference and 2018 International Symposium on Pervasive and Ubiquitous Computing and Wearable Computers, pp 1404–1408, Oct. 2018.

  14. Jose Paolo Talusan, Yugo Nakamura, Teruhiro Mizumoto, Keiichi Yasumoto: Near Cloud: Low-Cost Low-Power Cloud Implementation for Rural Area Connectivity and Data Processing, 1st IEEE International Workshop on Flow Oriented Approaches in Internet of Things and Cyber-Physical Systems (InfoFlow 2018), Tokyo, Japan, July, 2018.

  15. Yugo Nakamura, Teruhiro Mizumoto, Hirohiko Suwa, Yutaka Arakawa, Hirozumi Yamaguchi, and Keiichi Yasumoto: Design and Evaluation of In-situ Resource Provisioning Method for Regional IoT Services, IEEE/ACM International Symposium on Quality of Service 2018 (IwQoS 2018), Poster, Banff, Alberta, Canada 2018.

  16. Kazuhito Umeki, Yugo Nakamura, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto: Real-Time Congestion Estimation in Sightseeing Spots with BLE Devices, IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2018), Demo, Mar 2018.

  17. Masato Hidaka, Yuki Matsuda, Shogo Kawanaka, Yugo Nakamura, Manato Fujimoto, Yutaka Arakawa, and Keiichi Yasumoto: A System for Collecting and Curating Sightseeing Information toward Satisfactory Tour Plan Creation, The Second International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS’17), Aug. 2017.

  18. Y. Nakamura, T. Kanehira, Y. Arakawa, and K. Yasumoto: SenStick 2: ultra tiny all-in-one sensor with wireless charging, The ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), Demo, 2016.

  19. Y. Nakamura, Y. Arakawa, and K. Yasumoto: Smart Experiment Platform for Wearable Computing, First Workshop on Eye Wear Computing collocated with ISWC/UbiComp (EYEWEAR 2016), 2016.

  20. Y. Nakamura, Y. Arakawa, and K. Yasumoto: SenStick: A Rapid Prototyping Platform for Sensorizing Things,
    2016 Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), 2016.

  21. Y. Nakamura, H. Suwa, Y. Arakawa, H. Yamaguchi, K. Yasumoto: Middleware for Proximity Distributed Real-time Processing of IoT Data Flows, The 36th IEEE International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2016), Demo, 2016.

  22. Y. Nakamura, H. Suwa, Y. Arakawa, H. Yamaguchi, K. Yasumoto: Design and Implementation of Middleware for IoT Devices toward Real-Time Flow Processing, The 1st Workshop on Edge Computing collocated with ICDCS (WEC 2016), 2016.

  23. T. Fujiwara, Y. Nakamura, K. Jinno, T. Matsubara, H. Uehara: A Model for Earthquake Acceleration Monitoring with Wireless Sensor Networks in a Structure, SPIE, Smart Structure/NDE, 2014.

  24. Y. Nakamura, T. Fujiwara: CMSAS: A Concept of Middleware Architecture to Integrate Heterogeneous Sensor Networks and Actuators, Eighth Wireless of the Students, by the Students, and for the Students Workshop collocated with MobiCom (ACM S3 2014), 2014.

Domestic Conference​

  1. 中岡黎, 中村優吾, 松田裕貴, 三崎伸也, 安本慶一:eat2pic: 食事と描画の相互作用を用いた健康的な食生活を促すナッジシステム, 第25回一般社団法人情報処理学会シンポジウムインタラクション2021,2021年5月.

  2. 金光勇慈,立花巧樹,松田祐貴,中村優吾,諏訪博彦,安本慶一:ナッジを用いたコロナウイルス接触確認アプリのインストール促進, 人工知能学会 合同研究会2020 第39回 社会におけるAI研究会,オンライン開催,2020年11月

  3. 立花巧樹,中村優吾,松田裕貴,諏訪博彦,安本慶一:スマートウォッチを用いたポイ捨てごみの種別・位置認識システムの提案,2020年度情報処理学会関西支部 支部大会,大阪府(オンライン),2020年9月.

  4. 冨田周作,中村優吾,諏訪博彦,安本慶一:Federated Learning over DTNによるオブジェクト認識モデルの地域間での共有手法の検討,2020年度情報処理学会関西支部 支部大会,大阪府(オンライン),2020年9月.

  5. 大井一輝,中村優吾,松田裕貴,藤本まなと,安本慶一:スマート棒を用いた棒体操支援システムの検討,2020年度情報処理学会関西支部 支部大会,大阪府(オンライン),2020年9月.

  6. 諏訪博彦,大坪淳,中村優吾,野口真史:物件情報による賃貸物件快適度指標推定にむけた検討,マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2020) シンポジウム,高知県(オンライン),2020年6月.

  7. 諏訪博彦,大坪淳,中村優吾,野口真史:IoTセンシングによる賃貸物件快適度指標の構築と評価,人工知能学会全国大会,熊本県(オンライン),2020年6月.

  8. 曽根田悠介, 中村優吾, 松田裕貴, 荒川豊, 安本慶一:ミーティング映像からの発話およびマイクロ動作識別手法,情報処理学会 第65回ユビキタスコンピューティングシステム研究発表会(2020-UBI-65),名古屋大学,愛知県,2020年3月.

  9. 中村優吾, 荒川豊, 安本慶一:ウェアラブルセンサ装着位置/向きの違いにロバストな行動認識システムの実現に向けたデータ変換手法の検討, マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2019) シンポジウム,福島県,2019年7月.

  10. 諏訪博彦, 大坪淳, 中村優吾, 野口真史:新たな賃貸物件探索指標構築のためのセンシングシステム, マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2019) シンポジウム,福島県,2019年7月.

  11. 諏訪博彦,大坪敦,中村優吾,野口真史:IoTセンシングによる賃貸物件快適度推定のためのデータ収集,人工知能学会全国大会,朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター,新潟県,2019年6月.

  12. 鈴木優,藤本まなと,吉野幸一郎,日高真人,Nguyen Quynh Mai,永野一馬,中村優吾,大坪敦,田中翔平,安本慶一,中村哲:京都インバウンド観光におけるIoT2H観光情報アプリケーションの構築,第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019),DEIM Forum 2019 I3-4,pp. 1-9,ホテオークラJRハウステンボス,長崎県,2019年3月.

  13. 鳥越庸平, 高田将志, 中村優吾, 藤本まなと, 荒川豊, 安本慶一:剣道上達支援のためのIMUを用いた打突動作認識,研究報告ユビキタスコンピューティングシステム (UBI), 2019-UBI-61, pp. 1-7, 東京大学駒場IIキャンパス, 東京都, 2019年3月.

  14. Stirapongsasuti Sopicha, Nakamura Yugo, Suwa Hirohiko, Yutaka Arakawa, Keiichi Yasumoto: Feasibility Study on Distributed Sensor Processing in BLE Mesh Network,第89回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL2018),宮崎県,2018年11月.

  15. 諏訪博彦,大坪敦,中村優吾,野口真史: 新たな賃貸物件探索指標のためのIoTセンシングデバイスの検討,グループウェアとネットワークサービスワークショップ 2018,長野県,2018年11月.

  16. 中村 優吾, 水本 旭洋, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純, 安本 慶一:
    地域IoTサービスに対する計算需要に応じた適応型地産地処リソース配分手法の提案,
    マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2018) シンポジウム,福井県,2018年7月.

  17. 梅津 吉雅, 中村 優吾, 荒川 豊, 藤本 まなと, 安本 慶一:
    EHAAS : 環境発電素子の発電量に基づくウェアラブル場所推定システム,
    マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2018) シンポジウム,福井県,2018年7月.

  18. 髙田 将志, 中村 優吾, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    メニュー推薦に向けたセンサ取り付け位置に依存しない自重トレーニング種目認識手法の提案,
    マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2018) シンポジウム,福井県,2018年7月.

  19. 諏訪 博彦, 中村 優吾, 野口 真史:
    IoTセンシングによる新たな賃貸物件探索指標の検討,
    マルチメディア、分散、協調とモバイル (DICOMO2018) シンポジウム,福井県,2018年7月.

  20. 梅津 吉雅, 中村 優吾, 荒川 豊, 藤本 まなと, 諏訪 博彦, 安本 慶一:
    環境発電素子の発電量に基づく行動認識手法の提案,
    第87回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL),2018-MBL-87,イーフ情報プラザ,沖縄県,2018年5月.

  21. 梅津 吉雅, 藤原 聖司, 中村 優吾, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    環境発電素子の発電量に基づく屋内行動認識システムの検討,
    2018年電子情報通信学会(IEICE) 総合大会 ISS 特別企画「学生ポスターセッション, 東京, 2018年3月.

  22. 髙田 将志, 中村 優吾, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    ウェアラブルデバイスを用いた体幹トレーニング種目認識手法,
    2018年電子情報通信学会(IEICE) 総合大会 ISS 特別企画「学生ポスターセッション, 東京, 2018年3月.

  23. 髙田 将志, 中村 優吾, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    体幹トレーニング支援に向けたウェアラブルデバイスによる種目認識手法の提案
    第177回ヒューマンコンピュータインタラクション研究, 東京, 2018年3月.

  24. 梅木 寿人, 中村 優吾, 藤本 まなと, 水本 旭洋, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    災害時の混雑情報を考慮した避難所決定手法の提案,
    第86回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL2018), 東京, 2018年2月.

  25. 梅木 寿人, 中村 優吾, 水本 旭洋, 藤本 まなと, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    混雑情報を考慮した災害発生時の避難場所決定手法に関する一検討,
    第25回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2017),北海道,2017年10月.

  26. 金谷 勇輝, 中村 優吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 安本 慶一:
    観光動画キュレーションの実現に向けたハイライト抽出手法の検討,
    2017年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2017年9月.

  27. 日高 真人, 松田 裕貴, 河中 祥吾, 中村 優吾, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    実時間観光コンテンツ提供に向けた観光情報収集・キュレーションシステムの提案,
    第68回高度交通システムとスマートコミュニティ研究発表会,公立はこだて未来大学,北海道,2017年3月.

  28. 中村 優吾, 水本 旭洋, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純(大阪大), 安本 慶一:
    IoTデータ流の実時間処理を実現するIoTデバイス向け分散処理ミドルウェアの設計と評価,
    第82回モバイルコンピューティングとパーペイシブシステム研究会,東京大学 本郷キャンパス,東京都,2017年3月.

  29. 松田 裕貴, kpa Akpro Elder Hippocrate,Konan N’djabli Cedric Ange, 中村 優吾,前田 直樹,千住 琴音,荒川 豊:
    位置情報サービスにおける個人特化型ゲーミフィケーション 〜スタンプラリーイベントを通じた「慣れ」「飽き」の調査〜,
    社会システムと情報技術研究ウィーク in ルスツリゾート,ルスツリゾートホテル,北海道,2017年3月.

  30. 日高 真人, 中村 優吾, 荒川 豊, 安本 慶一:
    実時間観光プランニングシステムのためのCGMのキュレーションの課題検討,
    2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2016年9月.

  31. 梅木 寿人, 中村 優吾, 水本 旭洋, 藤本 まなと, 荒川 豊, 安本 慶一:
    実時間雨量情報に基づく動的ハザードマップの検討,
    2016年度 情報処理学会関西支部 支部大会,大阪大学中之島センター,大阪府,2016年9月.

  32. 中村 優吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純, 安本 慶一:
    観光案内向けCGMキュレーションのためのローカルIoTプラットフォームの提案,
    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム, 三重県鳥羽市,2016年7月.

  33. 中村 優吾, Tony Shi, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純, 安本 慶一:
    ローカル環境での効果的な動画像解析を実現する分散処理システムの提案,
    第79回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会,沖縄県那覇市, 2016年5月.

  34. 中村 優吾, 前中 省吾, 森下 滋也, 安本 慶一, 福倉 寿信, 佐藤 啓太, 清原 博文:
    価値共創キュレーションシステムの構想 ~会員制タクシーの会話支援を実例とした概念設計~,
    情報処理学会 第78回全国大会, 神奈川県横浜市, 2016年3月.

  35. 中村優吾,森下滋也,前中省吾,安本慶一(奈良先端大), 福倉寿信,佐藤啓太,清原博文 (デンソー):
    価値共創キュレーションシステムの実現向けて −ICT による新しい価値創造に向けた取り組み−,
    サービス学会 第4回 国内大会学会,2016年3月.

  36. 中村 優吾, 諏訪 博彦, 荒川 豊, 山口 弘純, 安本 慶一:
    多様なIoTデータストリームをクラウドレスで分散処理するミドルウェアの設計,
    第77回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会,愛知県豊田市, 2015年12月.

  37. 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一:
    GAIFoT:情報流を活用した地域分散型アンビエントインターフェース, ポスター発表,
    第23回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS 2015), 長崎県雲仙市, 2015年10月.

  38. 中村 優吾, 松田 裕貴, 荒川 周造, 金平 卓也, 安本 慶一:
    屋内空間の状況推定に基づく移動支援システムの提案, ポスター発表,
    電子情報通信学会技術研究報告, コンピュータシステム研究会 (CPSY) ,千葉県幕張市, 2015年10月.

  39. 藤原 孝洋, 中村 優吾, 中村 勇太, 小泉 僚平, 大和田 泰伯, 井上 真杉, 浜口 清,
    耐災害メッシュネットワークNerveNetを用いたテストベッドの構築, 電子情報通信学会信学技報, 2014.

  40. 藤原 孝洋, 中村 優吾, 中村勇太, 小泉 僚平, 大和田 泰伯, 井上 真杉, 浜口 清:
    高専を活用した災害時通信システムの社会実装に関する提案, 電子情報通信学会信学技報, 2014.

  41. 中村 優吾, 中村 勇太, 小泉 僚平, 藤原 孝洋, 三栗 祐己, 小林 淳哉, 鹿野 弘二:
    耐害時通信システム NerveNet の社会実装に関する提案, 第 19 回日本高専学会年会, 2014.

  42. 中村優吾,藤原孝洋:
    異種センサネットワーク/アクチュエータの相互連携を実現するミドルウェアアーキテクチャの検討,
    電子情報通信学会信学技報, 2014.

  43. 藤原 孝洋,神能 孝誠,中村 優吾,松原 拓,上原 秀幸:
    地震加速度分析と無線センサネットワーク通信制御に関する検討, 電子情報通信学会信学技報, 2014.

  44. 神能 孝誠, 中村 優吾, 松原 拓, 藤原 孝洋, 上原 秀幸:
    無線センサネットワークを適用した加 度データ収集システムに関する一検討,
    電子情報通信学会信学技報, 2014.

  45. 中村優吾, 神能孝誠, 藤原孝洋:
    無線センサネットワークによる地震加速度モニタリング用サー バの検討, 情報処理学会 第75回全国大会, 2013.